2015年05月09日

ドリチャレ7

今回製作の車両は『ドリームチャレンジャー7号』になりますネ。

前作6号とは全く違うコンセプトの車にしようと思っています。
6号は一言で言うと「初心者でも簡単に扱える汎用エコランカー」を目指しました。
視界が良く、身長がある程度高くても乗れる。ガソリンエコランにもコンバートできる という車でした。
DSCF7090-Rszd

ドリームチャレンジャー6号↑

7号はちょっと性能を追ってみようかと思っております。
本気でやるには車体の設計の他レースオペレーションやドライバーのスキル等々課題は色々ある訳ですが、それらも追々考えるとして、そんな訳で車体設計もそれなりに意を決し覚悟を決めて開始しましょう

DC7-S

・まず車体は小型で軽量なほど有利です。
・車輪はエコラン用タイヤがある主流の14インチタイヤとします。
・ホイールベース1000mm、トレッド380mmとします。
小型化の観点からそれぞれなるべく短い方が良いのですが、Ene−1大会への参加も出来るようにレギュレーション一杯の寸法とします。
とは言えこれでもかなり小型でドライバーにとってはかなり窮屈な寸法です。
・走行するコースを想定し、目標旋回半径を決め、車輪の稼働範囲を確認します。
・車輪の隙間にドライバーを配置し、それらを覆うボディ形状を決めます。
・フレーム構造やステアリング機構を決めていきます。
・具体的に一つ一つの部品を設計し、図面を出力します。

このような手順で設計を進めていきます。
部分ごとにいきなり完璧な「正解」を導こうとせず、まずは全体像を描いていき、徐々に精度を上げていきます。
実際の乗用車の設計でもそのように段階的に設計を進めていきます。

設計は主に八王子キャンパス機械設計科1年生が担当しますが、もちろん皆車輛を設計した経験はありませんので、私顧問が最初の叩き台を作成します
そのあと精度向上や図面の作成はガッツリやってもらいます。
まだ授業でも教わっていない事を実践していかなければいけませんが、やり遂げたらしっかり実力がつくことでしょう

さてどんなものが出来るのか? 出来ないのか??!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔