2012年11月18日

コア抜き機構(ほぼ)完成

みなさんこんにちは
大会直前追い込み作業中です。
どうやら予想通りぶっつけ本番みたいですね
CORE_RELEASER到着を待っていたスプラインシャフトが納入され、コア抜き機構が完成しました。

あとは調整しながら車両にFIXしていきますがそれと電装系の結線・配線を同時進行でしなければならないので、今日は仮組までです。
各部品が思惑通りに機能して機構が作動するところを見て一同
「おぉ〜〜」と感動していました

難点が2点
コアを入れた状態ではリリースレバーがやたら重い事、
整備性がとても悪く、調整をするだけで殆ど全バラにする必要がある事です。
緩和する方策はいくつかありますが、根本解決は設計を見直さないといけませんね
今回はFRP作業に没頭して機構の設計製作に時間を割けませんでした。
走る前から改良したいところがいっぱいですがそれらは大会後にやっていきましょう



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔