2012年08月13日

夏休み前半戦ダイジェスト 

夏休み前の授業は終了しましたが、WEMプロジェクトに夏休みはありません
と言うのは大げさで今週一週間は休みになります。

では休みに入ったところで夏休み前半戦を振り返ってみましょう

8月3日〜4日
IMG_3634-S雌型を分割型にする為、サフェーサーを吹いて研ぎ出しを終えたマスター型にフランジを装着しました。
3日 リーダー君 3つに分割されたフランジを綺麗に装着しましたがそれぞれの基準面がずれて平面上にありません
やりなおし 



4日 平面はバッチリ出たのですが今度は狙った所からずれています。
うーん・・・ やりなおし

最近めきめき腕を上げるリーダー君ですが、この日はさすがにガックリ

「つくる者」 誰もが通る道です。
頑張って

8月5日IMG_3636-S
この日はフランジ装着再々挑戦です。
先輩「つくる者」の私くし(顧問)がアドバイスします
まず分割された板の面をそろえる為、お互いをしっかり固定してしまいましょう。
添え木とクランプがあればできることですよね。
次に装着する位置ですが、聞くと今までは人の手で持ち上げてエイヤーで固定していたとの事です。
これでは狙った所に装着できませんよね。
微調整には無段階に高さを調節できるパンタジャッキを使ってはいかが?。
顧問の愛車から持ってきたものです

一個では足りない?
IMG_3637-S
なんのそれしき。バイスと長ねじでもあれば簡単に作れます。

さあ今度は狙った所にバッチリ
隙間に粘土つめつめ。3回目ともなると職人の域です


ものづくり道とは
「〇がないから」とかすぐにあきらめてはいけません。
この世界「出来ませんでした」という結論はまあナシなんですよ。
この程度の困難はいつでもついて回ります。
逆に言えば、出来るのであれば何だってアリです。
「〇がないから出来ない」 ではなく、「〇があれば出来る」と考えるクセをつけましょう。
そしてまずはそれを用意する努力をしましょう。
出来ない事をどうやってやるのか、頭を柔らかくして考えましょう。
人の助けが要るなら声を出して言ってみてください。
「つくる者」は不思議なくらいつくろうとする者に手を貸してくれるものです。
先日だってサフェーサーを分けて貰ったではありませんか



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔