2012年07月26日

マスター型サフェーサー


TOMATEC 1K諸々の作業と並行して進められていたマスター型ですが、ようやく表面のカタチが許せるレベルになった様です。
二日間に渡ってサフェーサーを塗装しました。
そのサフェーサーですが、
MATEC
東罐マテリアル・テクノロジー株式会社 様
のご厚意により、サフェーサー系ゲルコート「1K」をご提供頂きました







IMG_3621-Sスプレーガンによる塗装性がとてもよく、今まで使用していた市販の自動車板金用の物と比べてこんなに違う物かと驚きました。
例えば今まで使っていた物は粒子が大きいのか、ピンフォールを埋めようと吹き付けても周りの土手が成長するばかりでなかなか埋められませんでしたが、今回は容易に埋める事が出来ました。
腕が良くなった錯覚を覚えます
今までの苦労は何だったのかと今更ながら思います
「学生さんや腕に自信のない人ほど、確かなものをきちんと使うべき。」
なんですよね。

二日間に渡って裏表を塗り上げましたがとてもスムースに作業が進みました。



東罐マテリアル・テクノロジー様
本当にありがとうございました


IMG_3622-S
塗りあがったマスター型にしばしうっとり。
IMG_3630-S
これにて悩みに悩まされた造形作業は終了です。
思えば2学年にまたがり一年近くやってたんですね・・・
お疲れ様

ここから製品脱型まで大仕事ではありますが、あまり悩む事のない作業になりますのでホっと一息です。


明日からは離型処理が出来るようになるまでペーパーでツルツルに研ぎ出しをします。
1Kシリーズはサンディング性も良好との事で楽しみです












この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔