2012年04月12日

シート

IMG_3276-S作っていたのはシート兼補強材です。
ドリームチャレンジャー6号のコンセプトはおいおい書きますが、低い全高より視界を優先したいことと、バルクヘッド(隔壁)の中央付近にハードポイントが欲しかった為にこの様な部品を作りました。
ハードポイントからの入力を分散する為の、ボトム(床)とバルクヘッド(隔壁)間のガセットとお考えください。

作る順序としては大きなボディを作る前に、手頃なサイズのこの部品で練習できるように最初に作りました。

初めてのドライカーボンですが出来は75点くらいかな?
反省点が多かったです。
警戒しても結局凸角部に樹脂枯れが出来ます
対策が不十分ですね。
・複雑な部分は分割して積層を徹底
・バッグフィルムの大きさは余裕をもって
が教訓です。

剛性が不足気味かミニマム(最小限)です。
積層数増やすか「2度焼き」で全部ハニカム入りでも良かった気がします。

設計レベルでは角Rがもうちょっとだけ大きいだけでだいぶ積層が楽になります。

しかし今更ながら型を起すほどの形状なんだろうか?・・・
サンドイッチパネルを切った貼ったした方が簡単にオールサンドイッチ構造で出来た気がします。
計画時の気分的に見映え要件が強かったので

でも型を起すことの大変さを根本的に見誤っていた気がします。
反省。

n-86916312 at 19:14│活動日記 | ボディー・フレーム