2008年09月14日

未来を切り拓いたモノ創り お勧めです

Nakajima です。

WEM in JAA が開催されて、あっという間に一週間経ちました。
参戦報告の番外編はこれから徐々に書込みさせていただくことにして、今回はNakajimaが最近読んだお勧め書籍を紹介させていただきます。 

その書籍のタイトルは、『未来を切り拓いたモノ創り』(日本テレビ出版部)です。

2008091201

 

 

 


 

日本テレビで金曜日の23時から放送されている、未来創造堂という番組内のコーナーを書籍化したものです(放送時間帯は、地方によって異なるかも知れません)。
番組をご覧になったことがあるという方も多いかと思いますが、日本の技術者が生み出した数々の発明品や技術について、それらが生み出されるに至ったストーリーなどを紹介しています。

以前、放送されて話題となっていたプロジェクト という番組に基本コンセプトが似ているようですが、プロジェクト の方は開発時のストーリーをとてもドラマチックに延々と語っていましたが、未来創造堂の方は開発時のストーリーは実にあっさりと触れる程度ですし、再現ドラマやナレーターの語り口も軽く、場合によっては若干コミカルであったりします。

この書籍についても番組の雰囲気とまったく同じで、開発時のストーリーについてはあっさりと触れる程度ですし、特に開発時には絶対あったはずの“苦労”という部分には、ほとんど触れられていません。

Nakajima としては、この書籍の「開発時の苦労に触れていない部分がとても良い と感じているのです

だって、新しいものを開発するときに苦労があるのは当たり前のことですから、その苦労をことさらドラマチックに語るのはカッコ悪いように感じます。
日本人のメンタルとしてはドラマチック&ウェットがマッチしていて、だからこそプロジェクトが話題となったのだと思いますが、それって本当の技術者のメンタルとはちょっと異なるように感じてしまうのです。

本当の技術者は過去の苦労話しなんかしないで、完成したモノの素晴らしさを自信と誇りをもって語り、なおかつ次の新たな開発に向けて意欲的な姿勢を失わないような、そんな前向きな人達なのではなかと思っています。まぁ、自分自身はそんなレベルになかなか到達できないのですが・・・・

この『未来を切り拓いたモノ創り』には12のエピソードが載せられていますが、どれも開発者のバイタリティーを感じることができる、さわやかで良いお話ばかりです。
ドラマチック&ウェットではないモノ創りのお話しを読んでみたいというひとに、この書籍は超お勧めですよ

 



n-86916312 at 15:43│Comments(0)TrackBack(0)書籍 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔