2008年07月23日

WEMカウリング製作

1 今日はカウリングの耳を作りました。
カウリングにはいつの間にかカーボンが貼られていました。今年はスチレンの上にグラスを1枚貼ってからカーボンを重ね貼りしたとのことです。理由は凸凹隠しとか…どこまで隠せたかは当日のお楽しみ…
耳というのはカウリングの補強のことです。
パンの耳に引っ掛けて、我々はこう呼んでいます。
材料は約2ミリ厚のベニアです。 

3

アッパーカウルにウィンドウ取り付けようのケガキ線を入れました。カウリング自体が今年は歪んでしまったので、なかなか左右対称に見えません。
(写真では分かりませんが、まぁこの辺は目をつぶってくださいね)

 

2

8月6日用にバッテリーを充電しました。
しばらく放置していたので、かなり怪しいです。
コンディションの良さそうなものをピックアップして使います。
昨日、体育館で回生発電の実験を行ったらしいです。使った車は一昨年のドリチャレ2です。
うまくいったのかな?

4フロントタイヤ部分のキングピンの加工です。卓上フライスで面だししているようです。

 

 

 

5こちらはリヤブレーキのパーツのようです。マグラ製油圧ブレーキを取り付けるためのブレーキマウントを製作しています。

突貫工事に近くなってきました。
事故や怪我のないようにがんばりましょう! 伊藤



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 三浦 一仁   2008年07月24日 16:49
こんにちは、はじめまして青森職業能力開発短大生の三浦です。

 私たちも来年のワールドエコノムーブに出場するつもりで、燃料電池カーを製作してます。こちらのブログはいつも参考にさせていただいて助かってます。

 私たちもスチレンボードを使用して簡易にカウルを製作しようとしていますが、FRPの積層でカーボンクロスを何枚積層すればいいのかわかりません。もしよかったら積層する工程などを詳しく教えて貰えませんか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔