2008年04月06日

愛車 BD-1 SkyShock に交換しました!

Nakajima です。

久しぶりに“自転車”&“Nakajimaの休日”シリーズを書き込んでしまいます。

ではでは、さっそく画像をご覧ください。

208040601

久しぶりの登場、Nakajimaの愛車r&m社 BD−1くんです。
走行距離も1000キロを遙かに超えていますが、念願のタイヤ&ホイール交換はまだ行われていません(しかし、そろそろ交換しないとリアタイヤのスリ減り状況はヤバクなりつつあります)。
今回は小さな改造(パーツ交換)をしたのですが、この画像では良く分からないですよね。実は、今回のタイトルにあるように、前・後のサスペンションをスカイショック(SkyShock)という製品に交換しました。

ここのスカイショック(SkyShock)はBD−1の純正サスペンションがゴムとスプリングを使用しているのに対し、空気圧ピストンですので捻れ(ねじれ)が押さえられて車体が安定するとともに、空気圧を調整することで乗り心地もソフトからハードまで思いのままに調整できます。

208040603

208040602

 

 

 

 

説明するまでもないかと思いますが、左がリア、右がフロントの状況です。以前の書き込みに純正フロント・サスペンションの画像がありましたので、比較してみてください。

純正フロント・サスペンション

取り付けは至って簡単、ネジとボルトをキュキュッと開け閉めするだけ・・・・  のはずだったのですが、リア・サスペンション取付け穴の位置が微妙に違っていたので、ドリルでフレーム側に穴を開け直す作業が必要となってしまいました。原因はNakajimaの愛車BD−1くんの年式が古いものだったからで、最近のBD−1(r&m のロゴがエンボス加工)は、特に問題なく簡単に交換できるようです。

さて、サスペンションを交換した乗り心地はといいますと、ちょっとNakajimaの好みとしては柔らかすぎる感じでした。乗り心地の調整は空気圧を変えればよいので、さっそく帰宅後に空気圧を若干上げてみました。この状態で次回走行し、乗り心地を試してみることにします。

ところで、今回BD−1くんでどこに行ったのかといいますと、

208040604

 

 

 

 

この画像ならどこであるかお判りになる方もいるのではないでしょうか。皇居の大手濠(気象庁の近く)で、この画像を撮影しました。
東京ではこの週末が今シーズンの桜の見納めということで、皇居周辺にも非常に多くの人が散歩をしていました。普段なら皇居の周りをぐるっとBD−1くんで1周するところですが、人が多くて走り難く危ないので1周は諦めました。ヒトと自転車が一緒になる歩道ではヒトの方が優先されますので、自転車はいさぎよく退散するしかありません。日本でもヨーロッパのように自転車専用路の整備が進むと良いのですが、なかなか希望どおりには成らないようです。

天候も良く、桜の見納めということで、本当に多くの人たちが外出していたようです。ちょっとビックリしてしまったのですが、隅田川も桜見物の屋形船などがラッシュだったようです。

208040605

 

 

 

 

上の画像は清洲橋から下流側を写したものですが、撮影している数分間にも屋形船、モーターボート、水上バスなどがどんどん通過していました。正面に見える墨田大橋の先にも、何隻も船が続いているのが分かると思います。

アウトドアが気持ちの良いシーズンになりましたね。チームマイナス6%のメンバーでもあるNakajimaとしては、CO2を排出しない自転車での外出をお薦めするとともに、ヒトと自転車が共存し易い街造りを望んでしまいます。

 



n-86916312 at 10:43│Comments(0)TrackBack(0)おまけ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔