2008年02月09日

ものづくりフェスタ2008 無事に終了いたしました!

『ものづくりフェスタ2008』 は盛況のうちに無事終了いたしました。
ご来場いただきました皆さん、本当にありがとうございます

さて、今回は会場に来られなかった方に、世界のレーシングカーデザイナー由良先生が展示してくださったAERO PRIUS YURA STYLE をご覧いただきましょう。

20080209032008020902

 

 

 

 

まずはちょっと離れた位置から全体の雰囲気です。由良先生がカスタマイズすると、見慣れたプリウスもこんなにカッコ良くなるのですね。

20080209052008020906

 

 

 

 

フロントはこんな感じになっています。オリジナルよりもバンパーのボリウムがアップして、引き締まった感じがしますね。バンパーサイドの3つの楕円は反射板になっていて、夜間に曲がり角から鼻先を出したときにライトが反射することで視認性を高めているのだそうです。クルマを知り尽くした由良先生らしい、ちょっとしたアイディアですね。反射板の材質は自転車などで使用されているものと同じということで、右側の画像で照明が反射しているのがお判りいただけると思います。

20080209072008020909

 

 

 

 

リアはこんな感じで、スポイラーがリアウインドの上方だけでなく横方向にも張り出していて、ボディ両サイドの気流の巻き込みも制御するようになっています。走行時の効率を著しく低下させる気流の巻き込みが横方向もスポイラーで制御されますので、さらに効率が改善されるそうです。サイド・スポイラーの3つの楕円には透明のアクリル板がはめ込んであり、横方向からもブレーキランプやウインカーがよく見えるようになっています。

20080209042008020910

 

 

 

 

リアタイヤは右側の画像のように、ボディと一体化したカバーで覆われています。これによってタイヤによる空気のかく乱が軽減されますので、空気抵抗はここでも低下します。フロントタイヤは方向舵のためカバーで覆うことができないので、左側の画像のようなホイルキャップを被せてあります。Mooncraft さんのホイルカバー、カッコ良過ぎですね!

20080209112008020908

 

 

 

 

もともとプリウスのCD値は0.26と非常に低くいのですが、これらのカスタムパーツの効果によってAERO PRIUS YURA STYLE のCD値は更に低い値になっているそうです。
これで、もう十分のように思えますが、由良先生のお話ではまだ未完成状態なのだそうで、これから市販車では誰も着目していない車体底部の空気抵抗低減などの工夫をしていくとのことでした。

20080209132008020912

 

 

 

 

さて、左側の画像は特別講義をされている由良先生です。講義の内容は判りやすく&非常に興味深く、それに加えて由良先生のハンチング・ホワイトシャツ・セーターの組み合わせが非常にカッコ良かったです。
右側は卒業制作展示における、我がWEMプロジェクトの展示です。今回は2号車と3号車のダブル展示で、なかなか注目を集めていました。Nakajimaはその瞬間に立ち会えなかったのですが、由良先生が2号車&3号車を見てくださって「良いですね!」と声をかけてくださったそうです(由良先生は優しいですね)。

2008020901

 

 


 

イベントの最後にはステージ前にスタッフ全員が集合して記念撮影をしました。
無事に終了し、みんな良い顔をしているでしょう

by Nakajima 



n-86916312 at 15:54│Comments(1)TrackBack(0)イベント 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 35期井上   2008年02月13日 16:13
こんにちは、CAD課35期生の井上です。

卒業展おつかれさまでした、当日は皆さんにお会いできてうれしかったです。

本年度も残すところあと1ヶ月半ですね、2年生は4月の入社までの春休み、たっぷり遊んでしっかり勉強して悔いの無いように過ごして下さい。(特にビジネスマナーは重要です!)

1年生の皆さんも春休みを利用して色んな会社の説明会やセミナーに参加してみてください、きっと就職活動本番の役にたちますよ!

あとWEMの引継ぎもわすれずに、、、来年度も良い車ができるのを楽しみにしてます、がんばってください!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔