2007年01月31日

2006 WEMGP ワールド・エコノムーブ・グランプリの結果です

Nakajimaです。

ワールド・エコノムーブ・グランプリ(WEMGP) 2006年の結果です。

全出場チーム(198チーム)中で、我がチームは106位でした。
出場はトヨタ大会(ECGP IN TOYOTA)の1回のみ、グランプリポイントは2ポイント、走行距離は30,400.40メートル(約30.4キロメートル)という公式発表です。

トヨタの大会はレース時間が1時間でしたので上記のような走行距離でしたが、レースが2時間の大会(例えば第2戦のWEM秋田)に出場していれば走行距離は2倍(トラブルが無ければですが)になるはずです。
グランプリポイントが2で走行距離が2倍だと、順位は30ぐらい上になるはずですが・・・・
まあ、いずれにしても上位陣にはまだほど遠い状況ですので、もっと努力しなくてはいけませんね。

ちなみに上位陣は
1位 first step AISIN AW
2位 PROJECT MONO◇TOYOTA TECHNO SERVICE
3位 豊橋創造大学 T-Works
4位 東海大学チャレンジセンター
5位 SHIMADA
6位 team BIZON

という結果でした。
1位〜3位のチームの皆さんは8大会皆勤賞で、走行距離も断トツという状況です。4位の東海大学さんは3大会に出場ですが、第2戦(秋田)と第7戦(成田)で優勝、第6戦(豊田)でもトラブルに見舞われながらも5位入賞という効率の良いポイント獲得で、しっかり4位に入賞という状況です(さすが、木村先生!)。5位のSHIMADAさんは第8戦(幸田)で優勝、6位のBIZONさんは第6戦(豊田)で準優勝ということで、上位陣の皆さんはやっぱりすごいです!

WEMGP 2006年の結果は、Clean Energy Alliance のオフィシャルページ内にありますので、ぜひそちらもご覧になってください。 
 Clean Energy Alliance 2006 WEMGP

さて、下の画像はECGP IN TOYOTAで走行している、Dream Challenger II です。 Itoh氏の書き込みにもありますが今年は豊田での大会が開催されないということで、せっかく豊田大会のノウハウも蓄積できてきたのに、これは超困りました。出場チーム数も秋田大会に次いで2番目に多い、とても盛大な大会だったのに、非常に残念ですね。

1996bce8.jpg

 

 

 

 

by Nakajima 



n-86916312 at 11:29│Comments(0)TrackBack(0)情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔