2006年05月30日

WEM 2006 もうひとつの雨対策

e1b2f691.jpg

画像は WEM 2006 鉛電池部門決勝スタート前の準備のようすです。
鉛電池部門決勝スタート前は、燃料電池部門決勝の時に降っていた大雨もほぼ止んで小雨がパラパラ降っているような天候でしたが、それでも大切な車両を濡らさないように、ビニールシートでしっかり覆って作業をしている状況ですね。自分たちも中に入ってしまう高校生くんたちが、とっても微笑ましく感じました。
「どうせスタートしたら濡れてしまうんでしょ」と冷めた意見をいうヒトもいそうですが、スタート前にはドライバーが乗り込んだり、各部の最終確認・調整をするためにカウルを全開にする必要がありますから、雨避けは絶対にあった方が良いですよ。

それと同時に出来ればメンバーの雨対策も考えたいものです。雨対策の最上位が車両、その次が道具類となっていて、序列のいちばん最後の方に人間という昔の軍隊のようなチームもあるようですが、予選で雨に濡れてしまって決勝の時に高熱でうなされていたりしたら、それまでの苦労が何にもならなくなってしまいますよ。
最近のレインウェアは、雨水は通さないけど身体から発せられる水蒸気は通してムレを防ぐという優れモノもあります。ちょっと高価かもしれませんが、しっかりしたモノを用意しておくと安心ですね。

by Nakajima 



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔