2006年05月23日

WEM 2006 ボディーの形状 その2

WEM2006 で撮影できたエコノムーブの画像を、まとめて紹介させていただきます。 一部以前にも紹介させていただいた画像が含まれますが、ご了承ください。 それから Nakajima のレベルでは技術的な評価はまったくできませんので、とりあえずほぼ同じサイズ・同じ角度で撮影できたものを何の意図もなしに掲載させていただきます。ご覧になった方がそれぞれ技術的な評価をするうえで、参考にしていただけますと幸いです。

4bda39a5.jpg


東海大学さんのファラデーマジック2
きれいな涙滴型ですね

2302
スーパーエナジーさんのGRIFFON
前後輪とも14インチで、ぺっちゃんこです

2303
team BIZONさんのGILLESO VI
こちらも典型的な涙滴型ですね

2304
栃木県立今市工業高校Aさんのトキ
なんだかクジラを連想してしまいました

2311
東京工業大学MeisterさんのTrilobit
カクカクしたルーフが特徴的です

2305オズの魔法使い(NISSAN DIESEL)さんの
アドブル〜です(燃料電池部門)
TGMY Ashidaさんと同じボディですね

2306
何回も紹介させていただいた、池上先生の
ミラクルでんち君です

2307
“ヨイショット!”ミツバさんのTesla800
燃料電池部門に参加していました

2308
first step AISIN AWさんのつばさ52号です
WEM2006では準優勝でした

2309
“ヨイショット!”ミツバさんのUSO800
有名なファンシーキャロルと同型です

2310
team ENDLESSさんのCALPAS
『勝手にベストデザイン賞』に輝いています

「カッコ良い車両は性能も良い」と、由良先生と池上先生が異口同音におっしゃっていましたが、こうして見ると「まさにそのとおり!」という感じですね。

by Nakajima 



n-86916312 at 12:01│Comments(0)TrackBack(0)研究・解説 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔