2005年06月23日

足回りの穴あけ加工

e7d36fd4.jpg
セミモノコックボディの主要部財に取り付ける、キングピン保持用のフランジ取り付け穴の加工を行いました。主要部材のバルサにはカーボン(CFRP)を貼ってあるので、コンパスでは円が描けません。マジックで描いても良く見えないし、修正がきかなくなるので、養生テープに赤マジックで円を描き、それを所定の位置に貼り付けて穴あけ加工を行いました。これだと、何回も位置合わせの修正ができて便利ですよ。昨年は、たった1mmの誤差でステアリングがスムーズには動かなかったこともあり、慎重に加工します。(ワッシャーをかませて誤魔化しました)


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔